« GW特別ロード、第6最終ステージ | Main | おやじの小遣い »

2002.05.06

GW特別ロード完結編(続き)

2)この日本カントリークラブ周回コースを把握しているのはエースだけ。で、最初の1週はコース案内。次から本気モードで何となくスタート。
2周目からの本気モードでも我がチームは集団で先頭を引きます。裏の登りに向けて、我がチームの佐々木選手がアタック。切れ味鋭く、だれも潰せません。良い展開だ~と思っていたら、コース一番の登りで降ってきてしまい作戦失敗。
その後の展開は私の視界から少し離れてしまったのでレポート出来ません。本気モード3周目を通過し、少し先に先頭集団がちらちら見えます。ここからが正念場。たれてきていた足でしたが、最後の力を振り絞って集団を追います。すると信じられないくらいあっという間に追いつき追い越し、今日のゴールに設定されていた道幅が広くなったところを、何と1位で通過です。どうも他の選手はゴール地点をスタート地点であった県道分岐地点と同じ場所であろうと勘違いしていたようです。棚ぼた優勝ですが、嬉しいです。

手元の計時では、

(案内モード)10'34"
(1-3周目)9'10"、9'53"、10'31"
(ゴールまでの延長部分、勝利のカギでした)2'54"

3)ここまでの成績で、凱旋セクションは集団ゴールさえできれば、チーム優勝は我が「チーム物見山」、個人総合優勝は全ステージに完走した私になる筈です。そんなパレードステージですから、チーム名物「殿の鬼引き」も見られず、向かい風の中、仲良く凱旋完了で当然集団ゴールです。道中ゴールを目前にしてエースがリタイヤ、そのまま自宅直行というアクシデントもありましたが、聞けばGWに紀子見過ぎだったそうです。ブルブル日記読者の皆さんも「紀子の見過ぎ」には注意しましょう。
集団ゴール時間、1時間9分30秒。

GW特別ロード、ステージ総合優勝、amat(チーム物見山)、完走者1名
時間=21時間17分、距離=489.5km

お詫び
ここ数日間連載の「GW特別ロード」は、かなり事実に基づいた構成となっていますが、レースの描写や情景はフィクションです。10連休という稀に見ぬ休暇のために思いつきで企画されたものです。
ご愛読に感謝します。著者

明日からはいつもの「ブルブル日記」に戻ります。

« GW特別ロード、第6最終ステージ | Main | おやじの小遣い »

11:(旧)ブルブル日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference GW特別ロード完結編(続き):

« GW特別ロード、第6最終ステージ | Main | おやじの小遣い »