« 一週間が早いです | Main | 第2回埼玉県ビッグバンド連盟コンサート »

2002.04.21

JR「のぞみ」とAC電源のこと

列車番号の奇数は下り列車。偶数は上り列車。
これはよく知られていますが、地方の在来線などでは上り下りの定義が良く判らない場合多数あります。
東海道・山陽新幹線で列車番号に一定のルールがるのを発見しました。

奇数や偶数というルールはそのままなのですが、1桁台や100番台、500番台などで意味が違ってきます。
例えば、東京-博多を走る「のぞみ」は1桁の奇数で、東京-新大阪の「のぞみ」は41、43と40番台の奇数という具合です。

少し前に「のぞみ」でも旧型の700系車両(カモノハシ号)では、AC電源のサービスが無いことを知りましたが、どうもこの41から始まる列車と、その折り返し列車である40、42という40番台の偶数から始まるものに旧型が多そうなのです。ですから、車内でPCをAC電源で使用したい場合は、この長距離「のぞみ」を選んだほうが、装備されている確率が上がると思います。ただし、これは経験則による推定ですので、外れたら申し訳ありません。

もっとも、PCのバッテリー駆動電源が、今より長持ちするようになる方が早そうなので、こんな些細なこと、そのうち気に留めなくなりますね。

« 一週間が早いです | Main | 第2回埼玉県ビッグバンド連盟コンサート »

11:(旧)ブルブル日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JR「のぞみ」とAC電源のこと:

« 一週間が早いです | Main | 第2回埼玉県ビッグバンド連盟コンサート »